人生万事 塞翁が馬



中学生からしてみれば・・・

( ̄へ ̄|||) ウーム


今日は栃木西中吹奏楽部に楽器を教えにいきました。

栃吹に依頼(?)がきたらしく、
都合がついたのが俺とトランペットの方だけでした。

九時半からということ中学校へと向かいました。

行った事の無い学校に入るのって緊張するね。(゜ー゜;Aアセアセ

俺の担当は木管全部。
フルート、クラリネット、サックスで20人弱。
すでに高専吹奏楽部の総数近くいます。

・・・・羨ましい・・・・


ちなみに全員女の子でした。
やっぱ、文化部って男の子いないんだね・・・

んで、さっそく練習開始。

楽器の基本的な吹き方や姿勢は
前回やった時に指導したと聞いていたので、
今回は音を出すときの注意点や呼吸、音符の長さの大切さ等の
どの楽器でも同じように注意しなければならないことばかり教えました。

あんまり先生って感じに教えるのが好きではないので、
冗談を混ぜながら指導しました。

最初は硬くなっていたようで、
あんまり話してくれませんでしたが
だんだん慣れてきたのか笑顔が現れ始めてきました。

約2時間練習をして終了。

集中力が切れかけていたようなので
ちょうど良い時間だったかもしれないです。

んで、みんなが片付けているときにフルートの女の子が一言・・・

「おじさんって、歳いくつなの?」


( ̄◇ ̄;)エッ


俺っておじさんだったのか・・・・  OTZ

「おいおい、おじさんはひどいな~。いったいいくつにみえたの?」

「え~っとね~。三十路~」
「え~。32くらいじゃないの?」
「わたし、28か29くらいだと思った~」

そうでしょうね・・・

老けて見えますよね・・・

よく言われます。


「一応、俺、20代なんだけどな~」
「じゃぁ、27?」
「25,6じゃない?」

みんな惜しいけど、なんで高目を狙う・・・

「こう見えても24なんだけどね。」
「え~!嘘だよ~。30だよ~」

Σ(`□´/)/ ナニィィイイイ!!

「24には見えないよ~」
「あっ。私のお姉ちゃんと同い年だ~。同い年に見えないね~」

言いたい放題、言われたい放題・・・

そりゃ中学生からみたら
年上の人間なんて年齢不明だよね・・・

でも・・・


第一声が・・・・


お兄さんじゃなくて、おじさんなのがショックだった・・・・
[PR]
by ozima | 2004-12-26 14:52 | 楽団
<< 忘年会 イブですね >>


なんでもない日常の事を、適当に文字にしております・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30