人生万事 塞翁が馬



合宿での練習~

さて。

合宿での練習ですが。


それぞれ色んな課題が見つかったと思いますが、

私が一番に感じたことは、

「音楽を捉え切れていない」

と、言うことです。


そんなことはもっと巧くなってから言うことだ!

なんて、言わないでくださいね。


巧くても下手でも、音楽を感じないで吹いてたら、
いつまでたっても巧くはならないです。


さて。

今回の曲、特にドードーの方ですが。

イメージ無しで吹いたら、安っぽい曲になるだけです。

イメージを持っても、難しい曲ですから。


吹き方も気をつけないといけません。
そういう曲だと思います。


で、これらの事であ~だこ~だ言っても埒が開きません。


いま必要な練習は、色んな人と合わせる事だと思います。


残念ながら合宿のときはパート練が出来ませんでした。

しかし、合奏練習で問題点は山ほど見つかりました。


この部分はホルンと合わせなくては!

この部分はクラと合わせなくては!

この部分はボーンと合わせなくては!!

って感じで、意思疎通を図る相手がいっぱいいたはずです。


そういう、合奏練習以外の部分を
しっかり補うのが課題なのではないかと感じました。


他楽器と同じ音楽を共有できるよう練習を重ねる。

少ない楽器で合わせていくと、相手がどう吹いているのかがよく解かると思います。
そういうことを繰り返していくことで、お互い意識できるようになります。


自分の音がどうのとかの前に、
自分の音と周りの音でどんな音楽が出来ているのかを見たほうが良いと思います。

音が良いとか悪いとかの問題ではないです。

(こういうのは文章にするのは難しい><)



え~っと・・・

結局何が言いたかったかと言うと・・・


楽器の巧い、下手っていうのは大した差じゃなくて、

音楽を捉えられるか、捉えられないかが大きな差になる。



ってことです。

同じ意識で合奏できるようになれば、下手でもカッコよく聴こえるものです。


・・・・ん~

なんだか、言いたいことの半分も言えてない気がする・・・


まっ、本番まで日が無いので頑張りましょうね!!!
[PR]
by ozima | 2006-06-25 19:42 | 楽団
<< 簡易更新 合宿ダイジェストぉ~!! >>


なんでもない日常の事を、適当に文字にしております・・・
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30