人生万事 塞翁が馬



抜擢・・・?

毎年、夏休み明けにうちの会社では納涼祭が行われます。

会社の人間だけではなく、
近所の人間も参加も誰でも参加OKの会社のお祭りです。

各部署でお店を出してお祭りを盛り上げますし、
営業の方がテント二つ分くらい使って、
うちの会社の製品を並べて即売会開いたりしてます。

去年は業務用のプロジェクタを使い、
うちのレーベルのDVDを工場の壁に投影したりしてました。

さらには、仮面ライダーと
ムシキングの歌のオネエサンを呼んだりとなかなか豪華です。

詳しくはこちら。
(折角社名隠してるのにモロバレ・・・)


さて、なんでこんな長い前置きをしているかと言いますと・・・


私は組合員の仕事もやってるんですが。

今回はたこ焼き屋をやることになり、
熱い夏になりそうだ~なんて思ってたんですが・・・。



今朝、出社してすぐに総務のお偉いさんがフラッと私の席に来ました。




「ozimaくん~。 一つお願いあるんだよ~」





この時点で嫌な予感しかしません。

どんな要望でも断りたくなる瞬間ですよね。




「今年の納涼祭でさ~





 全体の司会者やってくれないかな~???





(え”!?)





すかさず、「嫌です!!」とは言えず・・・




「え?なんで俺なんですか・・・??」



と、問うと、




「いや~、いま総務で若いのがいなくてさ~」





確かに、

去年司会をやっていた人は異動で横浜になったんだっけ・・・




「ozimaくんならイケるっておもうんだよねぇ~」




「いやいや、ちょっと私には荷が重いですよ。」
(きっと、色んなところに当たって、行くところがなくなってきたんだろうなぁ・・・)




「いや、そんなこと無いよ!

 でもね、これは一つのいい機会なんだよ?」





「いい機会・・・ ですか・・・?」
(なんだなんだ?説得モードに入ったか?)





「普段はこの工場の全員の前で話す機会なんて無いだろ?

 でも、こういうことをする事により工場における君の認知度が上がるわけだ!」






「は。 ・・・はぁ。」
(それは恥ずかしいだけでは・・・?)





「そして、みんな思うわけだよ。

 あ~ozimaくんはこういうことも出来るんだなぁ~ってね!」






「は・・・はい・・・」
(ってね!って言われてもなぁ・・・)





「滅多に出来ることじゃないし、どうだい?

 いい経験になるよ!」






「そうですねぇ・・・」
(まぁ、大勢の前で話すのは慣れてるけど・・・)





「やってくれるかい!?」




すっごい笑顔で問われて、

結局断りきれずに受けてしまいました・・・






一応、条件として、


1、私以外にもう1人司会者を立てること。

2、大まかな流れとアンチョコを用意してくれること。



を条件に、司会者をやることにしました・・・。




ってか、過去ログみて思い出したんだけど・・・



市長とかも来るイベントだったんだね・・・




素直にたこ焼きを焼いてれば良かったと後悔するかもしれません・・・
[PR]
by ozima | 2006-08-09 23:44 | お仕事
<< 1/10 驚いた!! >>


なんでもない日常の事を、適当に文字にしております・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31