人生万事 塞翁が馬



カテゴリ:音楽( 67 )


ジョウホウモトム!

仕事中のお話。

不意に女性の先輩が声をかけてきた。


先輩(以下S) 「ozima君って、楽器やってるんだよね?」

私(以下O)  「えぇ、まぁ・・・」

S  「じゃぁさ、クラシックとかよく聴く?」

O  「聴きますけど、人並みにしか聴きませんよ?」

S  「人並みにクラシック聴いてるなら十分だわ。」

O  「??? なんかあったんですか?」

S  「いま、友達からメール着てさ、この曲知ってる?って聞かれたの。」

O  「なんて曲ですか?」

S  「ムルイ」

O  「え? ムルイ? それ曲名ですか??」

S  「曲って言ってたよ。一応、メモったんだけど。 はい。」



と、手渡されたメモには


「 クラシック 無類 」


と、だけ記されていました・・・


O  「え~っと・・・  無類ですか???」

S  「うん。そうだって。」

O  「まったく見当がつかないんですけど、それ本当に曲名ですか???」

S  「知らない。だって、そう言ってたよ。」

O  「すみません、私にはまったく解かりません・・・」


S  「ん~・・・ じゃ、もう一回確認してみるね。」




その後、更なる情報が無いまま終わりました・・・


無類・・・・


そんな曲あるんですか???
[PR]
by ozima | 2006-09-28 23:38 | 音楽

土日の事でも書こうかね

不定期になると宣言した途端に更新止まりましたね。

有言実行とはよく言ったもので、
言った途端に無理して書かなくてもいいかなぁ~なんて思ったり・・・

まぁ、皆さんもそんなに楽しみにしているわけではなく、
何かしらの暇つぶしに見てくださってる事でしょう。


さて。


いつもの事ですが、週末は音楽三昧です。

土曜日は午前中に中学校の吹奏楽部に楽器を教えに行きました。

まぁ、はっきり言って、

まだまだ私が教えて欲しいくらいの身分なのですが・・・


その辺は、まぁ、棚に上げて・・・ ^^;;



基本の基本からおさらいして来ました。

どのくらい基本かというと・・・

リードをマウスピースに付ける所から教えてきました。


吹く以前の部分を重点的に話してきました。


今回は、溶け込むというか馴染むというか、

顔を覚えてもらうことを目的としました。



え? どういう意味??



と、思いますよね?

実は隔週で教えに行くことになったのです。


そんな訳で、隔週で練習日誌を書くかもしれません。
(自分がなにをやったか忘れないように・・・)


12時まで中学校でレッスン(?)をやった後は・・・


初の試み(?)の演奏会のビラ配りをしてきました。

場所は栃木のジャスコ。


私の予想としては100枚配れれば良い方かなと。
でも、一割は駐車場に捨てられてしまうのではないかと。
でもでも、ビラを見た人のうち1割の人がお客としてきてくれたら嬉しいなと。


そんな、思惑でビラ配りをしてきました。

初めての事なので、実験的な意味合いも込めてたのですが。


成果としては、一時~二時の一時間で・・・


250枚配れました!


予想以上です。

配り終えてから30分ほど時間置いてから、
駐車場に捨てられていないか確認がてらゴミ拾いをしたのですが、

ビラが落ちてた枚数は・・・

1枚!!!



栃木市民の皆様のマナーの良さに感動いたしました・・・

ジャスコの駐車場なのにセブンイレブンのゴミが
たくさん落ちてたのはきっと気のせいでしょう・・・


これで予想通り、一割の25人くらいの方が見に来てくれたら、
私としては大成功です。


そんなビラ配りを終えて、夜は合奏練習。

ちなみに日曜日も午後から合奏練習。


みっちり練習できてるんですけど、
気持ちとは裏腹に指が回らない・・・

やっぱ日ごろから練習しないとダメですね・・・


演奏会まであと一ヶ月。

気合入れて頑張りたいと思います。





みんな見に来てね!!
[PR]
by ozima | 2006-09-18 21:49 | 音楽

4/10

今日は関東信越地区の高専の文化部が集まる、
文化発表会の日でした。

毎年夏に行われる、通称「文発」(ぶんぱつと読む)は、
普段から内向的な高専文化部が一つの高専に集まり、
身内だけで微妙に盛り上がるなんとも言えないお祭りです。

と、書くと語弊があるかもしれませんが・・・


他の文化部と比べると異色な吹奏楽部は、
毎年合同演奏と称し、100人近い人数で演奏会を開きます。

今年は小山高専がホスト校。


今回は小山文化センターを借りての演奏となりました。


ならば!
と言う事で、もちろん見に行ってきました!


演奏の善し悪しは置いておいて、
ホスト校としてしっかりと働いている様は素晴らしかったです。

一つのイベントを超えるたびに、
大きく成長していく後輩を見ると嬉しくなってしまいます。


その後。


基本的にアホなのが吹奏楽部。

それはOB,OGも例外ではなく・・・


現役の子達が部室に帰ってくるのを待ちきれず、

先回りで部室に向かい、

楽器を吹き出すOB達・・・


そして、疲れて帰ってきた現役たちがそこに加わり・・・



元気いっぱいに合奏開始!!



本当に楽器を吹くのが好きな人たちが集まってるので、

みんなで合奏が始まるとウズウズしてきて、

どんなに疲れていても楽器を出し始めてしまいます。

まぁ、例外もいて楽器出さない人もいますし、

そういうノリを嫌う人もいるんですが・・・

私にはその気持ちが解りません。


音程も悪いし、リズムも悪い。

悪いこと尽くしの演奏ですが、

その音楽が楽しいのです。


おバカなノリかもしれませんが、

やっぱコレが楽しいんです。


やっぱりここから始まるんですよね・・・
[PR]
by ozima | 2006-08-13 23:50 | 音楽

驚いた!!

ちょっとまえのズームイン朝のエンターテイメントコーナーで、
オダギリジョーと勝手にしやがれのコラボCDが出るってのをやっていた。

それで、

(ひょっとしてそろそろアルバム出るんじゃないの??)

と思い調べていたら、意外なことが解かった。


アルバムは9月に出るのも嬉しい発見だったけど、

それよりも衝撃的な発見が!!


オダギリジョーとのコラボは実はコラボシリーズ第三弾だったそうで。


その第二弾は・・・



勝手にしやがれ+EGO-WRAPPIN'


だったんですよ~~!!!!


知らない人にとっては、
良く知らない人達でのコラボって思うかもしれませんが、

私にとっては一大事ですよ。


この組み合わせは予想だにしませんでした。


どちらもボーカルに味があるし、
音楽感がすごく好きなんです。


こりゃ、9月のアルバムが楽しみだぁ。
[PR]
by ozima | 2006-08-08 22:02 | 音楽

自分の音楽

今日は仕事が休み。
でも平日。

特にどこかに行く用事も無いので、
久々に音楽の恩師に会いに行きました。

少し前に会うには会っているのですが、
ゆっくりと話す機会が無かったので行って来ました。

と、言っても高専にですけどね。


病後、仕事の量を減らしているようで、
そんなに大変そうでは無かったのですが、
夏バテも重なってか弱弱しい感じに見えました。


仕事の近況報告して、音楽の近況報告をして、
部活の話をして・・・


いまはこんな仕事をしてます。
楽団ではこんなことやってます。
部活はなんだか大変そうですね。

そんな話をしてました。


その話の中で。

最近、楽団の音楽が楽しいと言う話をしました。

指揮者の音楽の考え方、捉え方がすごく面白く、
自分の考えの何歩も前を見ているので、
いつも驚かされている。

そんな話をしました。

すると、恩師はこんな質問をしてきました。


「いま、お前はなにが楽しくて音楽をやっているんだい?」



ちょっと前に書いた、昔先輩に言われた言葉と同じでした。

私は・・・


「楽団員と音を出すのが楽しいですね。
 楽団員と一つの音を作るのが楽しくて仕方が無いです。
 上手い下手ってのはあるかもしれませんが、
 それよりも音をうまく作れたときが楽しいんです。」

と、答えました。

すると、

「じゃぁ、その音楽をやって、自分への褒美はなんだい?」

と聞き返されました。


(褒美・・・?)


すぐにはピンときませんでしたが、


「本番で自分達で作った音楽を演奏し、拍手がもらえることですね。」


と、答えました。

すると、


「じゃぁ、その拍手ってなんだと思う?」



と、また聞き返されました。


「・・・??  感動・・・ ですかね?」


「そう。感動。喜びなんだよ。

 自分の演奏で喜んでもらえれば、自分も幸せだろ?

 聴いた側が感動すれば、それだけの拍手で返ってくる。

 音楽ってそういうもんだろ?」


と。


毎回、この人とこういう話をすると、
新しい何かが広がる感覚をいつも感じます。


「いつも、そういう音楽を作れるようになりたいよな。」


今日はそんな話をしてきました。


自分の目標とするべき音楽の形。

常に心の中に描いていこうと。

そう、思いました。
[PR]
by ozima | 2006-07-31 23:06 | 音楽

楽器屋ブラリ旅。

先日、後輩のサックス吹きから、

「リガチャーを買いたいので、一緒に来てもらえませんか?」

というメールが来ました。

こんな記事を書いた矢先だったので、
あまりにもグッドタイミング。


そんな訳で、私もアルトのマウスピースを買いに一緒に行ってきました。


旅は道連れ。

一緒に行ったメンバーは、後輩君とゆーすくんと、
H.Nが不明なY川さんと、名前の知らない一年生が二人。

まぁ、全部で6人の旅となりました。


今回はサックス吹きの買い物が中心。

まずは新大久保の石森楽器へ。
やはりサックスなら石森という先入観で最初に行きました。


わたしは最初からここで試奏して購入するつもりでした。

色んなお店で吹いても、あんまり変わらないと思ったので。


今回、試したのが

Selmer S80 C☆☆

Selemr ソロイスト C☆☆

Vndoren A27

の3つ。


いままで使っていたのはS80のC☆だったんですが、
どうにも息の入りに不満があったので、
ティップオープニングの広いものを選んでみました。

で、試奏しての感想は・・・

S80 ・・・ C☆と比べてやや抵抗が増したかんじ。
       吹きにくいわけでもなく、吹きやすいわけでもなく。
       可もなく不可もなくって感じ。

ソロイスト S80と比べると明らかに抵抗感が強い。
       かなりの息の量を要求される感じ。
       私が手を出すにはまだ早い気がしました・・・

A27 ・・・ 全体的に吹奏感が良い。
       音の強弱に対する反応が3つの中で一番良い。


ってな訳で、今回はA27に決めました。

とりあえず、3つ試奏した後に、
A27だけ4つ出してもらい吹き比べて1つ選び出して決定。


試奏してるときは気づかなかったんですけど、
いつの間にやら1時間経っていたそうです・・・


後輩も同じ部屋でリガチャー選びをしてたので、
A27に合うリガチャーはあるかなぁ~と思って試奏してみたら・・・

いまはBAYを使っているんですけど、
明らかにハリソンのほうが音の出が良い・・・

ここで嫌な葛藤が・・・


(新しく買うマウスピースにはBAYよりハリソンのほうが合う・・・
 
 でも、今日はマウスピースだけを買いに来たのに、

 リガチャーまで買っちゃうのはどうなんだろう・・・?

 とりあえずBAYで練習を重ね、不満に感じてから買っても遅くは無いのでは・・・?

 でも、明らかにハリソンのほうが吹きやすい・・・

 あ~~・・・・ どうしよう・・・ )



と、悶々と悩んでしまいました・・・


結局、

「今日はマウスピースを買いに来たんだ!」

と、言い聞かせて、リガチャーは買わずにマッピだけ買いました。


ちなみに、後輩は一時間色々と吹き比べた末、

悩み悩んで、悩みすぎて、

どれが良いのかも解からなくなってしまい購入せずに店を出ました・・・


その後、ウィンドクルー、DAC、渋谷のアクタス、YAMAHAとまわって帰りました。

後輩はDACでもリガチャーを一時間試奏して、
再び混乱して購入を延期してました。


にしても。


楽器屋を周るのは楽しいです。

そして、色んなものが欲しくなります。


次に狙うのは、

バリトンのネックアルトのフライトケースですね。


お金が欲しいなぁ・・・
[PR]
by ozima | 2006-07-16 22:28 | 音楽

なんだか

よくよく考えてみると、

ここ最近の週末はひたすらに

音楽漬けになっている気がする。


先週も土日は楽団の練習だったし、

先々週は合宿だったし、

先月に一回、演奏してきたと思えば、

再来週にはまた本番があって・・・


練習する機会に恵まれていて幸せなのだが。


練習が多ければ多いほど、

不思議な目で見るのは親。


ほぼ毎週末帰ってきているのに、

一緒の食卓に付くこともなく、

はっきりいって寝に帰ってるだけ。


「忙しそうですね・・・」

と嫌味を言われるが、

「本番があるから練習多いんだ。」

と、普通に返してます。


まぁ、親としては

毎週なにしに帰ってきてるんだか・・・

って感じなのでしょう。


呆れてるのかもしれませんね。


まぁ、

どんなふうに思われても、

楽しいもんはやめられませんよ。
[PR]
by ozima | 2006-07-08 22:37 | 音楽

帰り道にぶらっと

今日も今日とて研修でした。

こう書くと研修ばかりのようですが、
いまは二種類の研修に参加してます。

昨日の技能検定研修と職場のほうの職能研修の二種類です。
んで、今日は後者。

開催場所が横浜なんで軽い出張です。


この研修ってのが結構早く終わるんです。
5時前には終わるので早めに帰路につけます。

いつもはまっすぐ帰るんですが、
今日はすこし寄り道して帰りました。

場所はCD屋。

横須賀のCD屋じゃ揃えが良くないので。


何を探したかと言うと、今度やる予定の電車のCD。


しかし、期待とは裏腹にありませんでした・・・

有名だからあるだろうと思ったのに・・・


仕方ないので色々見てて一つ思いつきました。

そして、一枚購入。


コレ


b0061568_21475656.jpg


世界の国歌




いや、今度の定演に向けてイメージ作りのために買って見たんです。


いざ、聴いてみると面白いもんですね。

その国を表す歌って言っても過言ではないと思うんですが、
特徴があるというかなんというか・・・


まぁ、共通項としてはゆっくりした曲が多いんですけど。


全40曲あって、一曲目は日本。

しかし、2曲目からは、
アイウエオ順でアイスランドからロシア連邦までになります。

まぁ、あえて全部書くなら・・・


と、思いましたが携帯で見てる人にはきついんで、
最後に書きますね。


で、一番気になったのがドイツ連邦共和国。

すっごい聴き覚えがあるのと・・・


この曲、絶対演奏したことあるんだよね!!!

と、言うこと。


でも、記憶に無いんですよ・・・

INDEXを読むとハイドンの弦楽4重奏曲って書いてあるんですが・・・


本当に思い出せない・・・

管弦楽部のときにやったんだと思うんだけど・・・


Amatiさん、覚えてないですかね???



そして、もう一枚購入。

衝動買いだったんですが・・・


バーミンガム市交響楽団 リンカーンシャーの花束


交響楽団でリンカーンシャー!?

と、ちょっとびっくりして手に取ったら・・・


サー・サイモン・ラトル指揮


ぬお!!!!

重ねてびっくりですよ!!



もちろん、そのままレジにGOでした。


今までリンカーンシャーの花束は
イーストマンの演奏しかCDで聴いてなかったので、
この一枚はかなり衝撃的でした。


熱いです!

かなり分厚いし、熱いです。


なかなか勉強になる一枚でした。


そんなわけで、今日はホクホクで帰宅しましたw




ちなみに、後者のCDには、

組曲:早わかり
第1曲:到着ホームで歌う鼻歌




トレインミュージック

なる曲が入っていました。

何かの因果でしょうか・・・??w

おまけ  世界の国家 40曲!!
[PR]
by ozima | 2006-07-04 22:11 | 音楽

さてさて

昨日一日中吹いてすこし思った。

アルトのマウスピースかバリトンのネックを新しく購入しようと。


楽器やマウスピースなどのウンチクをやたら語る人が
サックス吹きには多い気がします。

私はそんなにウンチクを持ってないし、
今あるセッティングで色々試行錯誤しながら練習するのが性に合ってます。

なので、あんまりサックス吹きのHPって見ないんです。
(押し付けがましいウンチクが多いので・・・ 汗)


それでも、最近は冒頭の通りどちらかを買おうと思い、
いろいろ見て回ってるんですけど、
どうにもピンとこない。


実際、自分で吹いて見ないと解からないってのが結論になってしまう。


アルトのマウスピースを試奏しに行くのは良いんですよ。
楽器自体そんなに大きくないし。


でも、バリトンサックスで試奏となると、
それはもう一大決心になるわけですよ。

今考えてるのがネックですからね。

品揃えがある所なんて限られてます。

地方の楽器屋にバリトンのネックが豊富にある店なんて聞いたことが無いです。

自然と都会に向かうことになる。


あのサイズのものを持って電車に乗って楽器屋を巡る。

過酷な旅になるわけです。

(でもまぁ、bamのケースがあるからまだ楽なんですけど・・・)



アルトのマッピか、バリトンのネックか・・・

軽装の旅か、重装備の旅か・・・



悩みどころです・・・
[PR]
by ozima | 2006-07-02 23:34 | 音楽

朝から晩まで楽器漬け

今日はいっぱい練習した。

本当にいっぱい吹いた。



今日は午後から高専の吹奏楽部のOB・OG合同練習会でした。

練習会は午後一時から五時までなので、
早めに行って基礎練をやっておこう思い
10:30頃に部室に行きました。

発起人の専攻科生(H.Nあるなら教えて。)と一年生が既に来ていました。


軽く雑談して、衝撃的な事実が・・・


私・専攻科1年生・高専1年生。

この3人に共通するものが一つ・・・


それは・・・

ジャージの色が同じと言うこと。


とうとう、二周りしてしまいました・・・
(高専では各学年でジャージの色が違うのです。)

ちょっと涙が出そうになりつつ、練習開始。


今日はどの楽器を吹くか解からないので、
とりあえずアルトで基礎練開始。

しかし、始めて早々、先輩と共に少人数で合奏開始。

楽器が集まって無くても、
楽譜を引っ張り出して合奏を始めるのがうちの伝統w

結局午前中はアルトで合奏して終わりました。


そして、午後の練習会。

吹奏楽部の現役サックス部員は二名。
二人ともアルトしか吹けないらしく、
アルト3本いても仕方ないのでバリサクの準備を・・・

と、思ったけど、
チューバが3本・ユーフォが2本・バスクラ1本
と、低音が充実していたので
中音をカバーと言うことでテナーを吹くことにしました。

しかし、マウスピースが壊れていて、
私が現役のときに残していったヤナギサワのラバーのマッピしかない。

このマッピは外でパワフルに吹くために買ったもので、
ティップ・オープニングが広くコントロールしづらいため
吹奏楽には向かないんですよ・・・

でも、仕方ないのでコレで練習に参加。

オーメンズ・オブ・ラブ → 剣士の入場 → プスタ

の3曲を練習しました。
こうやって並べると、なんだか一貫性が無い気が・・・ ^^;;;


部室の中は蒸し暑く、汗をだらだらかきながら練習しました。

結局、練習は5時をまわってしまい、6時前に終了。

大急ぎで、楽団のほうの練習に向かいました。


楽団ではもちろんバリサク。


高専の部室とは環境がま逆で、
冷房が効きすぎて寒かったのでかえって疲れました・・・


そんな訳で、

午前→アルト 午後→テナー 夜→バリトン

と、とっかえひっかえ練習した一日となりました。

あと、ソプラノがあればコンプでしたね・・・
[PR]
by ozima | 2006-07-01 22:27 | 音楽


なんでもない日常の事を、適当に文字にしております・・・
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30